« 優勝旗がやってきた | Main | 西向くサムライ »

November 28, 2004

ヤンキーvs若頭

ヤフオク中古ロードバイク情報は、http://www.getbike.org/に移行中です。

041127001.jpg

海外に住んでる人や旅行に行く人に、自転車ジャージを送って
(買ってきて)もらうのが好きで、イタリアに住むミオからはマリアローザ、
ヴェルデ、私がフランスに行った時にはツールとラルプデュエズ峠ジャージ
を買ってきた。秋に母親がスペインに行ったので、ヴェルタジャージをお願い
していたのだけど「I LOVE CYCLING」みたいなTシャツでごまかされて
しまった。

2つ下の妹がオーストラリアのシドニーに住んでいるので
「オーストラリアの自転車ジャージを買って送ってくれ」とお願いを
しておいたところ、忘れた頃になってジャージが届いた。
ツールドシドニーのリーダージャージ「マイヨ カンガルー」みたいな
ご当地モノを期待していたのだけど、届いたジャージはなぜかアメリカの
MTBメーカー、「Iron Horse」のものだった。
(まったく、手抜きだよな。)
なんて思ったりしたんだけど、そのジャージはけっこうお気に入りだ。
今日も草アメフトの練習に行くのに着ていった。

少し前に「Iron Horse」のサイトを見ていたら、
MTBの「FREERIDEモデル」の商品名がスゴイ名前なことを発見した。
「YAKUZA」シリーズ、というラインアップになっていて
トップモデルが組長、そして若頭、最廉価モデルがチンピラ
おまけに叔父貴、兄貴、博徒なんてのもある。(ローマ字で表記されている。)
叔父貴、兄貴、博徒は役職では無いので、グレードの順番がわからなくなり
そうだったが、どうやら、組長-叔父貴-兄貴-若頭-博徒-チンピラ
という順になっているらしい。

それだったらいっそ、「YAKUZA」っていう自転車メーカーを作ってしまって
組長は自分では動かない人だから、お座敷自転車ってことで
フルカーボンのフレームにフルレコード、カーボンディープホイールを
装着したロードバイク、若頭はバリバリと活動するってことで
デュラやXTRを装着したロード、MTB、兄貴は105、デオーレ
博徒はバクチを生業にしているギャンブラーってことで
下りは怖くて走れないような超軽量ヒルクライムバイク
チンピラは自分の体を犠牲にしてでも突っ走っていくわけだから
セイントを装着したMTB、それに加えて、ものすごく派手にステッカーチューン
だけしてある、ルック車グレードの「YANKEE」というのがあればバッチリだな
なんて考えたりしてた。

アメフトの帰り道、のんびりと左車線を走っていると、クラクションを
鳴らされまくった。2車線ともガラガラなのに、なんだよ!
って思ったけどドロップハンドルの先に付けたバックミラーを
見てみるとエアロパーツてんこ盛りのVIPカーだったので
トラブルを避けるために歩道に逃げた。
抜かれる際に運転手を見てみると、20歳そこそこの若者だった。

「お前なんてYANKEEにでも乗ってればいいんだよ。そしてオレの
 WAKAGASHIRAロードに恐れをなして、おそるおそる抜いていけばいいんだ!」

憤慨しながらクランクを回した。ファミレスの前を通過すると
駐車場の奥の方にさきほどのプレジデントがいた、どうやらファミレスに
入る時の段差でフロントスポイラーを割ってしまったようで
しゃがみこんで、ガムテープで貼っていた。

「よし、ジャンクションプロデュースのエアロで10数万円、ANIKI一台分だ。
 その金策をサラ金でして、えらいことになってしまえ!」

と我ながら情けなくなる呪詛の言葉を吐いて走り去った。
防具を部屋に置いて、梅田のシルベストサイクルに行った。
私の憧れのデローザキング(フルレコ、カーボンホイール)は
まだ売れないで入り口近くに展示されていた。
トランペットを欲しがる黒人の少年のように、ショーウインドウに
張り付いていたが、誰も「KUMICHO」をプレゼントしてはくれなかった。
でも店長にピストのディスクホイールを借り受けてウキウキで家に帰った。
ロードレースジャージの次は競輪ジャージを集め出してみようかな。
まずは旧B級レーサーパンツからかな。

ヤフオク中古ロードバイク情報は、http://www.getbike.org/に移行中です。


« 優勝旗がやってきた | Main | 西向くサムライ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41833/2096213

Listed below are links to weblogs that reference ヤンキーvs若頭:

« 優勝旗がやってきた | Main | 西向くサムライ »