« August 2005 | Main | December 2005 »

September 2005

September 18, 2005

ホッとした。

ここ半年くらい連絡がとれなかった友達、マツオの消息がわかった。
元気にしているようでホッとした。

私が自転車に乗るようになったのって彼の影響がすごく大きかったと思う。
彼と知り合ったのは4年くらい前、彼は在宅で仕事(プログラマ)をしていて
私もたいして仕事せずにヒマだったので、よく近所の喫茶店で会って
しゃべっていた。中学生時代に自転車がすごく好きで琵琶湖や淡路島
などを走った話をすごく楽しそうにしていた。大人になってからはオートバイ
の方が好きになって大きいのから小さいのまで何台かオートバイを所有
していた。彼は決して女性にはモテたりしないし、ゲイにもモテない。
万年坊主頭で普段着はジャージか作務衣、少林寺の落ちこぼれ僧
みたいな雰囲気(そういえば空手やってて大学は仏教系だった。)
でも、すごく男に好かれるヤツで私も彼のことがとても好きだった、
私がGIANTの安いMTBを買った時にはすごく喜んでくれた。
「でもロードもいいよ~、オレはロードマンだったけど(笑)」
って言ってたのをよくおぼえている。

そんな彼がアメフトを始めたいってことになって、肩が外れやすいっていう
持病があったり、すでに30歳だったり、中肉中背だったりというハンデが
あったのにも関わらず、頑張って練習していっていた。
私はその前の年でアメフトはもうやめようと思っていた、実際、春のシーズンは
ほとんど参加していなかったのだけど、彼がこれからアメフトを始めるのに
唯一の知り合いである私がいなくなってしまったらつらいだろうなと思ったという
のもあったのだけど、ほんと一生懸命に努力している彼を見ていると私もまた
アメフトがやりたくなってきた。そしてそのシーズンはいい結果(草アメフト
西日本優勝)を残すことができたし、グラウンドに一番近い2人ということで
朝の7時くらいから場所取りをして、河川敷の草むらに寝ころびながらいろんな
ことを話した。プログラマという仕事だったので、アメフトチームのサイトの管理
の手伝いや文章も書いてくれて、いつも私だけが活動報告を書いてたので
二人で交互に書いたり、同時に書いたりするのも楽しかった。

-----------------------------
2003年10月12(日)練習、三島江グラウンド

未経験者マツオの感想

家に帰って、ジャージを洗濯機に放り込もうとしたのだけど
泥だらけだったので、このまま洗ったら洗濯機が壊れてしまいそう
なので、マンションの階段を下りて玄関先にあるホースでジャージ
の泥を落とした。私はもともと汗かきなので、人よりは泥がつきやすい
というのはあるけど、確かに今日のはものすごく汚かった。

スクリメージで私はNGに入った。
本来のポジションはDBだったはずなのに、気がつけば
背番号は50番になって、ラインの練習に参加している
私がいる、本日もいつものように4ポイントでセットした。
ふと対面を見ると、管理者カナタニがいる。
彼はモー娘オタクのくせになかなか強いラインだ..
というか自分でそう言っているのでそういうことにしておく。
そしてその両横には多畑、井上、がいる。
こちらは本当に強いラインだ、関西、関東のXリーグのトップ
チームで10年間くらいスタートをつとめてきた人達だ。

そんな二人+モーオタが私をブロックしにくる。
ダブルがやってきてひっくり返されたと思ったら
次はトリプルなんてものがやってくる、波にさらわれる
というのはまさにあんな感じではないかと思うくらいの
いきおいで持ち上げられ地面にたたきつけられる。
そしてとどめとばかりにモーオタが私の上を威嚇するように
飛び越えてセーフティをブロックしにいく。

ラインのポジションに入る機会も増えて、たまには
ボールキャリアをタックルすることだってある。
しかし今日はタックルできない、触れない、近づくことすら
できない、イヤになる、体も頭も痛くなってくる。
そんな状態ではモーオタ1人にもひっくり返されてしまう。
「砂を噛む思い」っていうのはこんな気持ちを言うんだって
実感した頃にやっと練習は終わった。

あらかたジャージの泥を落とし終えて、しぼって水を切る。
のどがかわいたので自販機でポカリスエットを飲む。
秋の日差しで焼けた体にとてもおいしく吸収されていく。
体はすでにとても痛いけど、30歳になって今年アメフトを
始めたばかりの私があんなメンバー(除モーオタ)と
一緒に当たってもらえるなんてなんて幸せなことなのだろう
って思う。

せっかく始めたアメフトだから、上手くなりたい。
そしてこんないい環境があるのだから、いろいろ教えて
もらいたい、教えがいの無い未経験のおっさんですが
これからいろいろ教えてください、よろしくお願いします。


管理者カナタニの感想

っていうか私はもはやモーオタではない。
買う雑誌もアイドル雑誌から、サイスポ、ファンライド
といった自転車雑誌ばかりだ、今やチャリオタなのだ。
モー娘。の六期メンバーの名前は言えないけど、シマノのギアの
グレードは下から上まで全部言えるし、カーボンフレームについて
の方が、カーゴちゃんの激太りについてよりも語れる自信はある。

チームの自転車クラブにも新たに#51堀内が入会した(クロモリの
JamisのMTBを買った。)こともあり、11月の鈴鹿サーキットでの
耐久レースに向けて超盛り上がり中なのである、そんな私では
あるけどまだまだ未経験のマツオに当たりで負けるわけにはいかない。

私のプライベートでのアメフトも、8年目になる。Xリーグを知り尽くして
いるのが井上、多畑なら私もプライベートリーグについてはそこそこ
知っている。アメフトチームのホームページ歴も7年目でなり、これまで
100人以上の選手を迎え入れてきた。その中には当然、全くの未経験者
も多く含まれていた。

しかしながらその全くの未経験者の多くは、いろんな事情でせっかく
始めたアメフトから離れていった。単純に転勤、コンタクトスポーツに
たいしての不向き、いろんな理由があるけれども、やっぱり未経験者が
週に一度の練習で経験者達と肩を並べるようになるのは相当に困難である
という部分が一番大きい、ついていけない、怪我をする。
もちろんそれは当然のことだ、私も昨年から週に一度バスケを始めたけど
経験者であるマツオには全くかなわないというか同じ土俵にたてていない
彼が手を抜いてそれでやっとお相手していただける、という状況だ。

アメフトをはじめたはいいけど、試合になかなか出れない、試合の大勢が
決まればなんとか出してもらえるけどそこから先にいくにはものすごく
大きな壁がある。しかしそんな中でマツオはなかなかよくやっていると思う。
1月の自主練習から参加して、もう9ヶ月になる。ここまで続く人っていうのは
けっこう少ないものなのだ。

そしてロングスナップといういわばスキルポジションでスターターで出場した
というのはものすごいことだ。少なくとも私のバスケよりはずっと高いレベル
にいる。

そんな彼が今日は私の対面に来た。ブラストなどでダブルチームを受けると
対処を知らないこともあって、押されまくってアオテンする。
後半、センターが井上になった時には、多畑とのダブルを受けて、もんどり
うつように転がっていた。全くの未経験者に対してのばりばりの経験者の
ダブルチーム「手術台の上のミシンと蝙蝠傘の出会いのように」なんとも
シュールレアリスムな光景だな、って思った、ありえない..

しかしそんなシュールな組み合わせが実現するのが、草アメフトの面白い
ところである。東京の草アメフトチームにいた頃、高校でしか経験の無い
私にセンターについて教えてくれたのは、HPを見てやってきた関学での
経験者の方だった、ライン全般については同じくHPでの法政の方だった。
しょぼい高校だけの経験者が一流の選手と出会える、全くの未経験者が
一流選手にダブルチームを食らう、そんな場所である草アメフトがおもしろく
そしてその変わった組み合わせの両方を求めて、こうして更新作業をしている。

自転車もモー娘。も好きだけど、やっぱりアメフトが一番面白いって思う。
私自身もセンターとして両Gの二人から毎週、学ぶことがたくさん出てくる。
34歳になってもまだまだ上手くなれるそう思えることがすごくうれしい。

--------------------------------

たった2年前のことなのだけど、ずいぶん昔のことに思える。
アメフトから少し距離を置いた今の生活だと、昔も淡々とアメフトに接していた
ように思ってしまうけど、けっこう熱く取り組んでいたんだなって思う。
この年の11月にマツオと私とジュンジの3人で鈴鹿の8時間耐久レース
に参加した。自転車は私のロードとMTBの2台だけで、途中からはロード
を3人で共有して走った。一人がピットに戻ってくると、六角レンチでサドル
高さの調整をして、ヘルメットを渡して(一つしかなかった)、次の人がスタート
するっていうレベルだったのだけど、でもそれがきっかけですごく自転車が
好きになった。そしてその時からマツオも真剣にロードバイク購入計画を
立てだして、昨年の夏にピナレロのガリレオを入手して、今度は自転車を
通じてマツオといろいろ遊べるのかなと思っていたのだけど、そのころから急に
仕事が忙しくなり、秋の鈴鹿もエントリーしていたのだけど結局参加できず
だった。そして今年の春くらいからは連絡も無くなってしまった。
私もジュンジもけっこう心配したのだけど、電話してもかえってこないし、メール
アドレスも変更されていたので、「まあ電話が使われているってことは生きては
いるんだよな(笑)」なんて言っていた。
人づてだけど、元気にしているってことを聞いてすごく安心した。まだ忙しい
のかもしれないけど、また一緒に走ろう、いつでも電話ちょうだい。

| Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

いろんな自転車

050814002

昨日もシルベストの梅田店に行って、取り置きしてもらっているスコットの
CR-1PROを見てきた。アルテ10速にキシリウムエリートをつけた完成車
で、ホイールはデュラ7800に交換してもらっている(写真はキシエリ)
とはいえ、まだ支払い金額の半分くらいしかお金がたまっていないので
今日もむなしく眺めるだけだ。トランペットに憧れる黒人少年のようにもの
欲しそうな顔をしていれば、誰かが残金を出してくれるかも、とは思って
ないけど、欲しいものを毎日のように眺めにいくっていうのも悪くない。

とはいえ、どんどん新車が売れていくお店の限られたスペースの中で
いつまでたっても利益を生み出さない自転車を置きっぱなしっていうのも
あまりよくないことなので頑張ってお金を作らないとなとは思う。
(どなたかパナチタンのMTB、Mサイズ、コンポ、LXからデオーレ、フル
 リジッド、ホイール2つ(ブロック&スリック)、多少難ありを買ってください(^_^;)

しかし、ステムとピラーはリッチーのそこそこ軽いアルミなのだけど、これを
ITMのアルミ巻カーボンのものにかえて、質感を統一したい。

050814007

で、アウターチェーンリングをデュラにして「遠目からならデュラエース」
にして(50T希望)、そしてショートクランク理論の人柱となるべく165mm
のクランクを付けて完成としたい、ほんとはサドルも慣れたフライトがいい
のだけど(完成車にはSLR)、フルカーボンフレームだったら振動を吸収
してくれて痛くないのかもしれない。ハンドルもITMにしたいのだけど
バーテープを巻けばほとんど見えないから別にいいかも。
で、デュラホイールのステッカー類を全部はがしてしまって、ペダルを
ルックの軽いのにかえてしまえば、完成。
そんなお気に入りのスタイルにさせてから、引き取りたいけど、そんなことを
していたら年を越してしまいそうなので、カスタムは引き取ってからにしよう。

で、それが一段落ついたら、COPPIのKF1を組み立てたい。
最近梅田店にたくさん置いてある、DHバーを付け、サドルは手持ちの
ターボマチック1にシルベスト住ノ江にあるターボマチック専用の背もたれ
を付けて、ホイールはディスクかディープリム(予算的にきびしいが)
を付けてTTマシンにしてみたい。で、コッピのギャラクシーはこのマシンが
全盛期の頃のパーツで組み直してみたい、カンパなんかもいい...
そんなことを考え出すときりがないので、このあたりにしておきます。
また明日もスコット「見に」いこうっと、自転車の横に「募金箱」でも置いてこよう
かな(^_^;)

 

| Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2005

ラプソティ

Image1

忌野清志朗の自転車が盗まれたらしい
自転車泥棒」はなんとも切ない映画だけど、生活していく糧としての
やっと手に入れた自転車とワイドショーなどで「160万円!!の自転車盗難」
という見出しになっていた自転車ってどんな違いがあるんだろうなと
現在はパソコンですくの上に置いてあるCOPPI KF1のフレームを見ながら
考えてみた。どちらも大事な自転車には変わりないし、忌野清志朗も最近
では自転車が商売の一つみたいなものだから、生活の糧でもあるだろう。
しばらくはヤフオクなどで「BORA後輪のみ」なんて出品がないかチェックされる
だろうな。盗んだはいいけど現金化するのは大変そうだ。どうせならば、昔
みうらじゅんがゴジラを盗んだように、熱狂的なファンの犯罪であれば
まだ少しはマシかな。(あなたがやったんじゃないよね(^_^;)

東京にいた頃はどこにいくのにもオートバイで、何台も乗ったけど
ヴェスパの125GT-Rというスクーターに一番思い入れがあった。私と同じ
1970年式で、20歳の時、レストア、その他で半年待ってやっと手に入れた
のだけど1ヶ月で盗まれてしまった、その他にも数台盗まれたけど
それ以外のオートバイ(エリミネーター、TW、GB)はヴェスパの時にくらべれば
ショックは少なかった、はじめて盗まれたバイクだったというのも大きいのだろう。

少し前の日記に書いたけど、中学1年生の時に実家が火事で全焼(けが人
はなし)ということがあって、そこでそれまで大事にしてきたものや、それまで
の写真、その他が全部なくなってしまったのだけど、それがどれくらい関係
しているのかわからないが、モノやその他に関しては執着はそんなにない方
だとは思う。着なくなった服はどんどん捨てるし、思い入れのある本も
読み返すことがないのであれば捨てる。人間関係に関しても基本的には
ドライに考える方だと思う。しかし若かったこともあるけどヴェスパが無くなった
時はすごくショックだった。(憧れていた「ローマの休日な後部座席に女の子
横座り」が一度もできないままだったってのも悲しさの原因だろう(^_^;)

何かをとても大事に思っていても、それは突然無くなってしまう。
それがいつも頭にあるから、モノや人間関係だけで無く、特定の考え方
に入れ込んだりもしないようになっている。何かを好きになれば、同時に
それが無くなった時のことをいつも想定する。自転車のことがとても好きに
なり、新車やパーツが欲しくなったり、自転車のことばかり考えるように
なれば、それと同時に、チャリンコにお金をはたくバカらしさについても
考える。

忌野清志朗のことがとても好きだったので、最近の自転車への傾倒は
その姿を自転車雑誌などで見ることもできてうれしいことなのだけど
少し悲しい気もする。とはいえトランジスタラジオ、スローバラード以降の
曲はなんとも思わない私だから(声はとにかく好きだけど)、どうなって
いったって別にかまいはしないけど、万が一にもこの盗難が芸能界的な
自作自演の話題作りだったりしたらイヤだなあ。彼の話題がワイドショー
に取り上げられたなんていつ以来だろう。
(無事、発見されたらしい、よかったよかった。)


| Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2005

黄色もいいな。

050906003


| Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2005

シンクロニシティ

シルベストの朝練に参加しようと、いつものように6時半過ぎに家を出た。
淀川の豊里大橋を渡って、なにわ自転車道に入る。
この時間帯にいつもジョギングされている、足に障害を持った女性の方が
今日もいた。どうしても足が前にスムーズに出ないので大変そうなのだけど
でもけっこう速い速度で走っている。
三国のところで176号線に入って北上する、朝練に入る前に心拍をあげて
おかないといけないとはわかっているんだけど、ついのんびりと走ってしまう。
このあいだの鈴鹿の国際でも完走していたシルベストの布施さんをみていて
いつも思うのは、(練習の場で練習をしている。)ってことだ。私なんかは他の
人達と顔を合わせて雑談をしたりとか、そこにいる人達と休憩ポイントまで
どちらが早く到着できるかってことを競ったりしているのだけど、布施さんは
自分のやるべき練習内容を決めて、それをひたすら実行しているように思える。
どのステージでもアタックをかけて逃げて、そして疲れて遅れてくる。
そして彼を抜いていく人がいると、そこに飛びつく。それの繰り返しだ。

もちろん速い人なので、そのまま最後までトップで走りきってしまうこともあるが
しかしつぶれるのをわかった上でそんな風に走っている、キツイ坂のところでも
止まりそうな速度でものすごい重いギアを踏んでの練習をしている時も多い。
私なんかは、(せっかく練習に参加したんだから。)と思って、
「競い合い、レース的」みたいな楽しいことをやりたくなるのだけど、そこで
(勝った、負けた~)なんてことをやっていても成長はしない(もちろん追い込む
ってことではいい練習になるのだけど)自分のその日の課題をきちんと決めて
それをやり続ける。それができる意思の強さに彼の強さの秘密はあるのかな
と思う。他にもかげやまさんやおおはしさんなど速い人達は、基本的には
練習の部分は「一人」でやるか、公民館で「朝練」が終了してからやっていたり
する。平日にはなかなか走り込む時間がとれない普通の勤め人がより速くなる
ためには休日にいかにして「練習」をするかってことなのだろうと思う。

と、話はそれてしまったけど、176号線をちんたら走っていた私をシルバーの
マーチが音楽を大音量でかけて抜いていった。(あんまり関わらないように
しようっと。)と思っていたのだけど、信号待ちで抜いて、再び抜き返される時
には窓が開いていて「ガンバレ~」と助手席と後部座席の左側に座った
女の子が叫んでくれた。(運転手と後部座席の右側は男の子)、ありがとう
と手を振って、また信号待ちで前に出たのだけど、今度は抜きながら、
またガンバレと騒ぎながら窓から手を出して何を振っていた。なんだろう
と思って45km/hくらいまで速度をあげて追っかけてみた。
私が近づいていくと、またガンバレ~の声がかかる。
まだ20歳になっていないくらいの子達なのだろう、からかうというよりも
何もかもが楽しくてすべての人達に祝福をあげたいそんな感じだった。
他者に何かを託すような「日本ガンバレ!」的なガンバレではなく
(私も幸せだからあなたも幸せになりなよ、ガンバレ!)そんな感じだ。

50km/hくらいまであげて、追いついてみると、その黒い物体はブラジャー
だった。なんだかすげえなあ~、と思っているとおもむろに後ろの席の子が
Tシャツをたくしあげた、そこに本来あるべきブラジャーは助手席の女の子が
窓の外で振り回しているのでなく、胸がど~ん、と丸見えだった。
よくガイジンさんなんかがTVカメラを向けられた時に胸を出したりするけど
日本ではそんな習慣はあまり目にしたことがない(男で尻を出したがる人は
けっこういるが)ちょっと太めのその子の水着の後がくっきりついた胸は風で
揺れていた(嘘、窓の外には出してなかった(^_^;)、時間にして1秒くらい
だったのだと思うけど、彼女はTシャツをおろして、少し照れくさそうに笑った。
男の子は(おいおい、大丈夫かよ。)って顔をしている。

「もう一回見せてや。」とも「助手席の子も脱いでよ~」とも当然言えずに、
速度の維持もできなくなり、そのまま後ろへと下がっていってしまった。
その頃には阪急の駅が近づいてきて、1車線が路上駐車で埋まって
しまっていたので、そのままマーチは走り去っていってしまった。
朝まで飲んでて、夏の終わりにどっか行こうぜ!ってことでそのまま
ドライブに出かけたのかもしれない、黒いのもブラジャーではなく水着だった
のかもしれない。でも、とにかく、卑猥とかいやらしさってものを感じさせる
ことなく、あっけらかんと裸になった彼女を見ていると、若いっていいなあ~。
って思う。これがおばちゃんや昔は若かったのかもしれないけど...
なんて人だったら私にとってもただの罰ゲームだ。

昨日の日記で中ノ島で撮影している女の子を見て(脱がないものかなあ)
って思っていたって書いたけど、そうしたら次の日にそんなことがおこって
しまった。必然的偶然、シンクロニシティ、、とりあえず来週あたりに箕面
の山でパンクしてしまって往生している山田優を助けて、そのまま2人は
森の中へ..という願望をここに書いておくことにしよう。夢がかなうといいけど
「パンク」とか(カーブを曲がり損ねて)「森の中へ」なんて部分だけが実現
したりしませんように。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | December 2005 »