« プレゼント | Main | ワット数測定 »

March 23, 2006

マネーボール

4270000120

「マネーボール」という本を読んだ。アメリカのメジャー
リーグのアスレチックスのジェネラルマネージャーに
ついて書かれたノンフィクション、とても面白かった。

最近、(自転車などの)トレーニングについての常識
とされているものにたいして「実は違うんじゃない
の?」ってことをよく書いているのだけど、野球界に
ついてはその数倍もいつも??と思っている。
プロ野球レベルにおいても、無意味、あるいは体を
壊すだけみたいな練習方法などがあるし(ここ数年
でずいぶん変化してきているようには思えるけど)
どうも野球全般についてあまりいいイメージを持って
いない。サッカーと並んで日本におけるトップアスリ
ートが集まる競技であり、その動きなどにはハッとさせられることもしばしばあるが
能力が明らかに劣る清原などを4番で使うなんていうのは、「興行」だと思えば
いいのだろうけど、エンターテイメントとしては面白いけど、勝利を目指すスポーツ
としてはやっぱりおかしいのではないだろうかと思う。彼が持つ「気合い」で仮に
チームに3勝がプラスされたとしても、同程度の年俸で外国人を入れた方が結果
的に勝ち星はそれ以上に増えるだろうと思う。もちろん清原の方が観客動員や
TVの視聴率という球団運営に不可欠な部分では優れているのだけど。

その他にもサッカー選手などと比較した場合の、松坂に代表されるような田舎
くささ(これもここ数年でずいぶん変化したけど)も苦手だったりして、昨日まで
盛り上がっていた野球の世界大会も全く見ずじまいだった。TVの視聴率が50%
を超えたりもしたみたいだけど「Patriotism is the last refuge of a scoundrel.」
という言葉が好きな私としてはなんとも複雑な心境だ。もちろん優勝したことは
すごいことだし、めでたいことだ。

で、この本で取り上げられているアスレティックスのビリービーンは、それまでの
野球界の選手評価システムというものを自らもメジャー出身でありながらも全く
信用せずに新しい評価システムというものを作り上げようとした。そのシステム
に従って他球団では評価の低い選手を安く手に入れて、メジャーの中で総予算
がもっとも少ないチームの一つでありながら、毎年のようにプレイオフに出場する
だけの実力を持つチームを作り上げている。

そのシステムの例として、「打率よりも出塁率」というものがある。10回打席に
入って4回ヒットを打てば、打率4割だが、10回で2回のヒットしか打てなくて、2度
4ボールを選んだ場合、8打数2安打で打率は2割5分になるわけだけど、4ボール
を選べるというのは能力であり、打率4割と全く同じだとは言えないまでも例えば
打率3割5分を打つことができるようなスター選手と同じレベルの貢献度を持って
いるというのがビリー氏が計算した過去の試合のデータから導かれていて、その
ように選手を評価しているが、他チームにおいてはそうは評価されていない。
というものがある。ピッチャーに関しても速球の速さや変化球のキレなどは投手の
評価にいっさい関係なく、結果として点を与えなければいい。そして被安打率
なんてものもたいした意味を持たないとする。「ホームラン以外のフェアボールを
安打にしない能力はすべてのメジャーリーグの投手はほとんど差がない。」
とした。バットにあたったボールがどこへ飛ぶかは運ということだ。それよりは
ランナーを塁にださないこと、4ボールの少なさをより重視する。攻撃で言えば
盗塁、ヒットエンドラン、バントというのは結局、効率が悪い攻撃方法なので使わ
ない。そんな「勝つための方法」「評価にあらわれていない好選手を安く入手」
を追求していって強いチームを作り上げていったという部分がすごく面白いと感
じた。なんでもそのビリー氏はメジャーにドラフト1巡で指名され、歴史に名を残す
ような選手になると期待されながらも活躍できなかった自分自身の経歴の中から
活躍できる選手とは、活躍とは、ということを考えるようになっていったらしい。

別に「勝利」を追求していくことがすべてのスポーツにとって正しい形であるとは
思わないし、「興行」であってもそれは別にいいと思うし、それはそれぞれのスポ
ーツが持つ文化であるとは思うのだけど、特定の目的のために何をやるべきなの
かってことを考えるのが好きなので、つい(こうしたらいいのに。)と考えてしまう。
だから野球にはあんまり興味がなかったのだけど(かといってサッカーやその他
のプロスポーツにも特には興味がない、それよりは草自転車レースや草アメフトの
ように自分でやるスポーツの方が数十倍楽しい、けれども問題は今日の雨、傘が
無い♪だ。)こんなことを考えている人がメジャーリーグの中にいるってことが面白
かった。なかなか面白い本ですのでオススメします。


« プレゼント | Main | ワット数測定 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41833/9216305

Listed below are links to weblogs that reference マネーボール:

« プレゼント | Main | ワット数測定 »