« コッピ出荷 | Main | 初代 »

April 26, 2006

初心者と初級者の間

060425003

夜にシルベスト梅田店をひやかしていると、イノウエ君から電話があり
飲みにいった。ハッピーアワー(午後8時半まで)の300円のビールを
飲みながら話をする。

5/6(土)にシルベストで日本海ツーリングがあるけど、その日に回転木馬
でも日本海まで走りにいくみたいで、その計画などを聞いた(彼はギブス
がとれたばかりだから車でサポート)、「from太平洋to日本海」っていうコン
セプトみたいで舞洲あたりからスタートして小浜まで行って輪行で帰る。
元気な人は自走で太平洋を目指す、飲みたい人は日本海のおいしいもの
を食べて飲んで、現地で一泊というものらしい(すでにお店のトップページ
には翌日、5/7(日)も「日本海ツーリングでお休み」と書いてあった(^_^;)

舞洲のあたりでカニでも捕まえて(けっこういる)日本海に放流して生態系
をプチ破壊するっていうのも楽しいんじゃない、なんて話をして、次に女性や
初心者のルートや速度設定、そして他の人達のかねあいをどうするのかって
いう話になった。とりあえずその人達は車か輪行で日吉まで来てもらって、
そこから日本海までの60kmだけを走る、という予定なのだそうだけど、だと
しても日吉から日本海までを、その人達だけで走らせるっていうのもちょっと
きびしい部分もあるし、かといってその人達のペースで走ると、他の人達には
ちょっと遅すぎる、といういろんな自転車チームでもあるであろう問題だ。

技量の違う集団全員が楽しいと思う、というのはほとんど不可能に近い。
私の所属している(最近は参加していないが)草アメフトチームでもそこが
一番の悩みだ。高校だけ、あるいは全くの未経験者と大学、実業団
の経験者が混在していて、実業団レベルの技術、戦術をスタンダードに
すればそれ以下の人はついてこれないし、下のレベルに合わせると、上
の人はつまらない。これが実業団のトップチームのように「勝利」ってこと
がすべての目標であれば、とにかく上のレベルを目指した取り組みをして
それに付いてこれない人のことは考えなくてもいいのだけど、勝ちたいとは
思っているのだけど、でも週に一度、好きなアメフトを気軽に楽しみたいって
人を否定してしまっては、草アメフトの自己否定だろうと思う。

高校でも大学でも、1年生の時に入部して最後まで続ける人は半分以下
だろうと思う。私の高校では例年50人くらいが入部して15人くらいが最後
までいた。やめた35人のうち、そもそもコンタクトスポーツに向いていない
って人もいるだろうけど、勉強、人間関係その他の理由でやめてしまった
人もけっこういるわけで、そんな人がもう一度アメフトをやりたいなと思った
時にやれる場所っていうのは草チームしか無いわけだし、私自身も大学の
体育会のアメフト部をすぐにやめてしまって、(あーこれでもうアメフトをする
機会っていうのは無いんだろうな)って思っていたのだけど、25歳の時に
草チームの存在をしり、またアメフトを始めることができたということがあった
ので、たとえ技術や知識が劣っていたとしても、アメフトが好きでそれを
やりたいと思って、その人なりに努力しているのであればそれは受け入れる
べきであろうと思っているが、現実としてチーム運営をしていくのはとても
難しい。きびしくしてもやめていくし、軽くしてもやめていく。

それまで運動に縁がなかったような人であっても自転車ってことを通じて
運動の楽しさを知ったり、生涯スポーツとしての自転車に触れてみて欲しい
ってことを回転木馬のカワムラ店長はよく言っているのだけど、実際にカワムラ
さんが主催するツーリングなどはすごく初心者に対して優しいものになって
いる。事前にルートマップ、注意点などをPDFなどで作成して配布し、実際
のツーリングでもチューブをたくさん抱えて、奥さんがサポートとして車で参加
したりして、少しでも参加者に楽しんでもらおうとしている。
しかし初心者と初級者っていうのは、1文字しか違わないけど、わずかの間
に大きく変化するもので、例えば4kmほどの十三峠を初心者はトリプルでも
押してしまう可能性が大だけど、少し慣れてくれば30分あればまず登れる
ようになる。でも、押してのぼる人と30×25でもなんとか登れる人が一緒
に楽しんで走ることは難しい。

今度の日本海でも日吉ダムから小浜まで60km、初心者の人であれば休憩
含めれば4時間以上かかるだろうし、少し走りなれた人であれば3時間くらい
で着くだろう。しかし3時間半のペースに設定したところで両者共にあまり楽しく
はならない。速すぎたり遅すぎたりする、さてどうしたらいいんだ?ってことだ。
私は速く走りたければそういう人達がいるところに参加して、のんびりとお手伝
いでいいかなって時はそちらで、みたいに考えるけど、でも草アメフトチームと
実業団の両方に参加するのが難しいように、なかなかそれも難しい。

とそんな話をしていたのだけど、だんだんと酔いが回ってきたので、そこからは
剣道の話、レースの話、女性の話、海外旅行の話、なんかで盛り上がる。
グアムあたりに自転車持っていって、早朝から島を半周くらいしてきて、午後
からは海をみながらビール飲むなり、シュノーケリングなんてどうよ?山の方に
ある大型スポーツ施設複合型ホテル(プロ野球のチームもそこでキャンプしてる)
には、トライアスロン練習コースも敷地内(島の1%を占めるくらい大きいらしい)
にあるらしいよ。南の島はとりあえずマッチョがモテるよ、オレも20代はけっこう
鍛えていたんだけど、130kgくらいありそうな現地の女の子に
「Shall We dance tonight?」って言われたりしたんやで、それって自慢になる
の?まあでもあそこでイエスと言ってれば、今頃はおみやげ屋さんで偽物の
バイアグラでも観光客に売ったりしていたかもなあ、外国の剣道界に行けば
オレもなかなかのレベルなんだけど、しかし南の島で剣道って流行らないだ
ろうな、暑いもんなあ、グアム大のアメフト部の男の子に女の子に声をかけに
いくから一緒にいこうぜ、と言われて、そのあとなぜか腕相撲したなあ、しかし
今月けっこう飲んでるなあ、3kg増えたよ...

駅からフラフラ歩いてアパートに帰った。HEP5のGAPで定価1200円が300円
になっていたのをいいことに4つも買ったパンツ(迷彩っぽい柄のボクサーブリ
ーフ)をはいて鏡に向かってみたりした、朝起きてみると携帯電話のカメラの
メモリには「ニューパンツを履いて浮かれる私」の自分撮りがあった。(アップも
アリ、撮った記憶ナシ)誰かに送りつけたりしてたらゴメンなさい(^^;)


« コッピ出荷 | Main | 初代 »

Comments

とりあえず私には写真届いてないです。

Posted by: イノウエ | April 27, 2006 at 09:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41833/9772475

Listed below are links to weblogs that reference 初心者と初級者の間:

« コッピ出荷 | Main | 初代 »