« ジャージ | Main | 舞洲クリテリウム観戦 »

April 29, 2006

ロンゲストヤード

P1000738

リッツクリテリウムに申しこんではいたけど、そのカテゴリーに出ると
夕方からの用事に間に合わないので、キャンセルして、アメフト映画
の名作とされている、「ロンゲストヤード」がリメイクされてその日から
上映が始まったので、初回上映で見てきた。
「エニーギブンサンデー」ではキャメロンディアス、「リプレイスメント」
ではキアヌリーブスというメジャーなスターをもってしても日本ではヒット
しなかったからか、アメリカではそこそこのヒットを記録したらしいのだけど
日本では上映館は少なく、大阪府では一館だけ、しかも天神橋筋六丁目
ホクテン座という、よく前を通る私もポルノ映画館だと思っていたところ
での上映だった。客席数86、映画館のすぐ裏の閉店した店のシャッターに
張られていたポスターと汚れたママチャリがなんとも場末っぽく、レースさ
ぼって悪いことしてるっていう気分になれた。

他には観客は誰もいないのではなんて思いつつ、ママチャリで天六まで
走る。ほぼ満員というのは意外だったが、客のほとんどは50歳を超えた
おっちゃん、おばちゃんだった。初日の初回上映っていうのはそういうもの
なのか、それともその映画館はいつもそうなのか、それとも旧天皇誕生日
と何か関係があるのか、よくわからなかったのだけど持ち込んだお菓子を
ぼりぼり食べながら見たコメディタッチの男達のプライドをかけた戦いを
描いたこの映画はなかなか面白かった。アダムサンドラー(ウォーターボ
ーイっていうアメフト映画
にも主演していた、この映画もヒットしなかった。)
バートレイノルズ、ネリー、ボブサップ(元NFL)などいろんな人が出ている
のだけど、フットボールで対決する看守と囚人のほぼ全員がみなマッチョ
なのに驚いた。本物のフットボール選手などもいるんだろうけど、あれだけ
マッチョな俳優が揃えられるっていうのはすごいことだと思う。

アパートに帰って、さっそく上半身裸になってみる。180cm、79kg。
昨年、84kgから75kgまでダイエットしたが自転車の練習量(才能)が足りず
坂もたいして速くなれず、失意の中4kgほど増量したけど、なんとも貧弱な
身体だなあと思った(ボブサップを見た後だと誰でもそう思うのかもしれない
が)、春のクラシックレース(パリルーベ、その他)を見ていて思ったけど
自転車選手でもけっこうイイ感じに筋肉がついている人は多いし、私レベル
でも84kgの時の峠のタイムが75kgになっても抜けなかったりしたので
そこそこ筋肉を付けたところでマイナスにはならないだろうと思い、とりあえず
腕立て伏せをして、押し入れの奥からダンベルを引っ張り出してきた。
上腕二頭筋、三頭筋、僧帽筋..パンプアップして鏡の前に立つ、ちょっと
だけうれしくなった。しばらく筋肉増加月間としてがんばってみることにしよう。
もうすぐ始まるジロの山岳ステージでのクライマー達の勇姿に感動してダイ
エットを始めたのが昨年の大ダイエットだった。どうやら影響を受けやすい
タイプのようだ。


« ジャージ | Main | 舞洲クリテリウム観戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41833/9892933

Listed below are links to weblogs that reference ロンゲストヤード:

« ジャージ | Main | 舞洲クリテリウム観戦 »