« 交通事故 | Main | 12km 62分 »

October 22, 2007

ナンバ走り

071022001

この8月くらいからジョギングをするようになり、走りのフォームなどは完全に
自己流なのだけど、その中で「ナンバ走り」とよばれる走り方を意識して行う
ようにしている。

一般的に言われる「右手と右足が同時に前に出る」ということではなく、
「右足が出る時には右肩が出て、腕は特には振らない。」という感じでやっ
ている。一般的な「走り方」である。足と逆の腕を振って、というのはストライド
を伸ばす、強い推進力を得るという点では有効だとは思うのだけど、長距離走
において数万回近い同じ動作を繰り返す中で、足と逆の手を振り出すという
「体幹の捻れ」によるロスはとても大きいのではないかと考える。他にも利点
とされている理由はあるのだけど、私が走ることを考えた時においては、プラス
の部分の方が多いと考えて、この走り方にチャレンジしてみている。

他の人と話をしていると「では、なんでそんないいことだらけの走り方なのに
マラソンや長距離のトップ選手はそれを採用していないの?」となる。

それに対しては

「短、中距離ではナンバよりも通常の走り方の方が最大速度が高く、ストラ
 イドも大きくとれることは確かなわけで、トップ選手においては10km、ある
 いはマラソンにおいても、レースペースでその競技種目以上の距離を走り
 続けるのは可能なわけだから、仮に多少のロスがあったとしてもそれを補
 うだけのスタミナもあるし、ここ一番という時のスピードが重要視されるから
 じゃないかな。」

と答えていたのだけど、このあいだ北京マラソンを見ていたら、男子、女子
共、途中まで先頭を走っていた中国人選手がこの「ナンバ走り」であるよう
に見えた。おーこの走り方を採用するトップクラスの選手もいる(あらわれた)
んだなと思ってうれしくなった。(ゼッケン25番の女子選手)

また今週も「自己流ナンバ」で走ろう。


« 交通事故 | Main | 12km 62分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41833/16838593

Listed below are links to weblogs that reference ナンバ走り:

« 交通事故 | Main | 12km 62分 »