« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

May 30, 2009

宇治方面100km+輪行

家(大阪市旭区)から163号線で清滝峠を越えて、木津、5号線に入って
和束、信楽、371号線を少し枚方方面に走って422号線で、瀬田川、宇治川
を走って、京阪宇治駅までのルートを走ってきた。

これで3回連続くらいこのコースを走っているけど、ほんと気にいった。
木津まで(37km)はまあ普通だけど、そこから宇治まで信号が数個レベル
で車もかなり少ない、最後の瀬田川、宇治川をのぞけば、ほとんど来ない。
で、道もいい。5号線から信楽まで20数km、かすかに登っていくルートは
景色もよくて走っていてほんとに気持ちいい。で、422号線はきれいに舗装
された幅の広い下り基調のアップダウンで速度をあげて気持ちよく走れる。

車の多い道や信号で止まるのが、ほんとにきらいなので、このコースはいい。
距離をもう少し走りたかったら、↓このルートを追加すれば約30kmで計800m
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=e77dd4aba303b245522df3d46e35ca92
くらい登れる。

最後、京阪駅から輪行っていうのは、京阪沿線に住む人にとってしかメリット
はないので、万人におすすめ、というわけではないけど、気持ちよい道だけ
走って、最後は輪行で帰ってくる、というのは、北摂や生駒の山のすぐ近くに
住んでいる人以外は一度は試して欲しい自転車の楽しみ方だ。

今日は妻のミオから、「近くの黄檗駅のたま木亭でパン買ってきて」という
指令が出ていたので、宇治からそこまで数km走って、パンを買って、
輪行して帰ってきた。また来週も同じルートを走る予定です。

↓清滝峠を越えたところからのデータです。右の「View in Metric」をクリック
  するとメートル表示になります。
http://connect.garmin.com/activity/6408674

| Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2009

中古屋さん店長のブログ

090510001_2

私がここんところ立て続けに中古自転車を購入したお店(ヤフオクなどの
ネット販売が主みたいです)の店長さんが「新米店長日記」というブログを
開設されていた。http://djshanesmith.com/

このお店では、主に海外から買い付けてきたロードバイクとそのパーツ
(中古メイン、パーツ類は新品もある)を扱っている。私は中古の完成車を
買ったのだけど、パーツ類にいくつか不都合があったのだけど、しかしそれら
にたいしてとても誠実に対応していただいた。

新車である程度以上(105以上がついている)のロードバイクを買おうと
思ったら、20万円はかかるけど、ロードバイク愛好家の中に入ると、そんな
「高級」自転車でも見劣りがするのが事実。カーボンフレームの完成車
となると30万円を超えることが多い。

「中古を購入する」にあたっては様々なリスクが存在するけど(新品
の保証期間内にフレームが破損してクレーム扱いで新しいフレームと
交換になる場合ってけっこうある。中古は保証なし)

私はここでフルデュラ(7800)、ホイールはキシリウムES、イーストンの
カーボンパーツが付いた585ULTRA(2006年)を新車定価ベースの三分の一
ちょっとくらいの値段で買った。

これを全部ばらしてグリスアップして、BBなどもさらいなおして、ワイヤ
ー類は全部新品に交換した。全部ショップにおまかせしたとしても、せい
ぜい数万円の出費でかなりのところまで安心して乗ることができる。

で、普及価格のロードバイクの値段でトップクラス(数年落ちではあるが)
のフレームとパーツを手に入れることができて、見栄もはることも可能に
なる(^_^)、そもそも「新品でものを買うってこと」について、
「売り手側が勝手に設定した新品プレミアムってものを受け入れること」
だと考えている私なのでよけいにそう思うのかもしれないけど、これって
なかなか良い方法なのではないかと考えている。
で、そのブログの方のお店は、アフターの対応という点である程度まで
リスクを軽減してくれるし、購入先として悪くない。(とはいっても
初心者の方にはお勧めできないし、万が一通常の使用で、ポキッとフレー
ムが折れても笑って許せる(お金と怪我)人でないとお勧めできない。

しかし自転車っていうのは、真剣に取り組めば取り組むほど、ブランド名
を組み合わせていくことには、たいした意味が感じられなくなっていく。
アマチュアの自転車愛好家に1から10までの、取り組みの熱心度の
ランク付けをした場合、私はせいぜい3か4くらいだけど、それでも
「ロードバイクのフレームで一番大事なことはディメンション」ってこと
くらいはよく理解できる。私の場合だと、身長に対して足が短いので
560mmというサイズは身長から割り出した適正サイズではあるのだけど
最近のトップチューブが長いカーボンフレームだと、どうやってもほとんど
落差がとれなくなってしまう。なので今、メインで使っているのは同じお店
で買ったトップチューブが545mmのスペシャライズドのルーベだ。性能的
にもブランド的にもLOOK585ULTRAの方が上だけど、105で組まれたこの
ルーベの方が快適に楽しく乗ることができる。

そして現在は2005年くらいのT-MOBILE仕様のGIANTを購入して、さきほどの
オーバーホール作業をしているところだ(回転木馬さんにはお世話になり
っぱなしです)こちらもトップチューブは545mmくらいで落差もとれるし
サドルもかなり引くことが可能になる。そして私はこのGIANTのカラーリング
とデザインが大好きだ。2004年にツールドフランスを見に行った時には
何よりもこのGIANTが格好よく思えた。新車の時には78デュラ(ホイール含)
で定価で70万円くらいしたこの自転車をカンパ(ケンタウル+キシリウムSL)
組でその3分の1以下の値段で手に入れた。パーツ類は全部売ってしまうので
フレームだけなら、5万円くらいで購入できたことになる。これに手持ちの
78デュラで組む予定。

こんな自転車乗り換え遊びができるのも、値段の安い中古ならではのこと
なので、中古屋さんの存在がもう少しポピュラーになればいいなと思う。
そんな中で、ブログの方のお店(ネットですが)悪くないと思います。
自己責任でご利用されてみてください。


t-mobileチームの自転車用ボトル

| Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2009

ハンドル購入

Oval

ヤフオクでOVALのR300というハンドルを購入した。
ドロップが深いハンドルを使ってみたかった(165mm)
現在はディズナのJフィットで140mmなので、かなり変化が
あるはず。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »